NEWS


2014.4.27から

フェイスブック始めました!

会員のみなさんへ

あなたのVOICEをお寄せください

所沢革新懇のホームページへようこそ


オスプレイが所沢米軍通信基地に飛来!

米軍所沢通信基地の機能強化・恒久化をゆるさない!

「オスプレイから市民のいのちを守る所沢連絡会」結成

 「オスプレイから市民のいのちを守る所沢連絡会」結成総会が、2018年10月14日(日)午後2時から所沢生涯学習推進センターで、会場いっぱいの参加者で開かれ集会アピールが採択されました。

 

【集会アピール】 

オスプレイの離着陸・飛来、米軍所沢通信基地の機能強化・恒久化を許さぬため 所沢市と市民のみなさんが力を合わせる事を呼びかけます 

 

 東西道路建設に伴って、米軍所沢通信基地の機能強化・恒久化がすすめられる危険性が浮かびあがっています。このような中、7月2日にCV22オスプレイによる離着陸訓練が、所沢通信基地で行われました。その後もオスプレイは繰り返し所沢市上空に飛来しています。所沢市の問合せに対し米軍は「オスプレイは、今後も所沢通信施設に飛来する可能性がある」と回答しました。 

 「基地全面返還は市民のねがい」のスローガンを掲げ、市当局と市民が一体となって取り組んできた私たち市民はこの突然の出来事に驚き、不安と怒りを募らせています。 

 オスプレイは世界中で重大事故を繰り返し、米国では「未亡人製造機」(widow maker)と呼ばれる軍用機です。特殊部隊を運んで敵地に潜入させる作戦を主な任務とするCV22オスプレイは、夜間や低空での運用が多く、米軍沖縄普天間基地所属の海兵隊仕様MV22オスプレイよりさらに事故率が高いと報告されています。 

 10月1日このCV22オスプレイが5機、横田基地に正式配備されました。すでにこのオスプレイは正式配備前から我が物顔に日本全国を飛び回り危険な訓練を繰り返しています。 

米国内でオスプレイが住宅、学校、病院などの上を飛行することはないと言います。 

 一方、日本に駐留する米軍には、日本の国内法が適用されません。航空機の安全な飛行のための規制を定めた航空法も適用されません。航空法第81条の飛行高度、「人口密集地で300メートル」「人・家屋のない地域で150メートル」などの規制を無視して、オスプレイは自由に飛び回ります。日本政府は全国知事会(会長・上田清司埼玉県知事)の提言にある「日米地位協定を抜本的に見直し、航空法や環境法令などの国内法を原則として米軍にも適用させることや、事件・事故時の自治体職員の迅速かつ円滑な立ち入りの保障などを明記すること」を、速やかに実現するために努力すべきです。 

 所沢市民は、住民と行政が一体となって基地全面返還運動に取り組んだ経験を持っています。この運動には、当時の新井萬平市長、多くの県会議員や市議会議員も参加し、1967年3月には4115名が参加する「所沢基地全面返還市民大行進」が行われたと記録されています。この運動の中で、1971年に基地の六割返還が実現しました。 

「基地全面返還は市民のねがい」のスローガン、改めて高く掲げようではありませんか。 

 本日私たちは「オスプレイから市民のいのちを守る所沢連絡会」を結成しました。多くの市民のみなさまが、この共同の取り組みに参加されることを呼びかけます。 

 また所沢市長、所沢市、市議会、基地対策協議会など、すべての関係者のみなさまが、市民と共に市民のいのちと安全を守るために全力を尽くされることを心から要請いたします。 

    2018年10月14日 

          オスプレイから市民のいのちを守る所沢連絡会 結成のつどい 

 

 

 

 

         

 

埼玉野党共闘8区の会で日本共産党の辻もとみさんの推薦を確認。

 2017年10月6日、野党共闘8区の会は小手指公民館分館で市民のつどいを開き、日本共産党の辻もとみさんを推薦することを確認しました。

 冷たい雨が降る中100人を超える方々が参加され確信と熱気溢れる集会となりました。所沢革新懇は9月30日の総会で、民進党が事実上解散し自民党の補完勢力でしかない希望の党が自民党の対抗軸であるかのように作り出されている状況と、流動している緊迫した情勢のもとで「市民と野党共闘」をあくまで追求し、安保法制の廃止と立憲主義の回復を実現し平和憲法を守りぬこうとの方針を採択しています。所沢革新懇も参加して進めてきた市民と野党の共闘を進める「野党共闘8区の会」の決定。とここんも力を尽くしたいと思います。
 このつどいには、社民党埼玉県連合武井誠代表が参加され、熱い応援のご挨拶をいただきました。また、新社会党埼玉県本部内海勝男委員長からもメッセージをいただきました。

 

希望の党は自民党の補完勢力。「市民と野党共闘」をあくまで追求し、安保法制の廃止と立憲主義の回復を実現し平和憲法を守りぬきましょう!

2017.9.30 2017年度総会が開かれました。

2017年9月30日(土)午後2時から所沢中央公民館で所沢革新懇総会が開かれました。30人が参加。特別講演は大久保賢一弁護士(所沢革新懇世話人、日本反核法律家協会事務局長)が「核廃絶へ向けた世界的潮流=私たちは何をなすべきか」と題して記念講演を行いました。講演では北朝鮮を巡る緊迫した世界情勢下での画期的な国連の核兵器禁止条約採択、憲法9条と原爆投下、アベ加憲論等が縦横に語られました。総会は、民進党が事実上解党し自民党の補完勢力でしかない希望の党が自民党の対立軸であるかのように作り出されている状況と、流動している緊迫した情勢のもとで、所沢革新懇は「市民と野党共闘」をあくまで追求し、安保法制の廃止と立憲主義の回復を実現し平和憲法を守りぬこうと決意を固めあいました。1名の方がその場で入会されました!

 

市民の活動を萎縮させる共謀罪創設に反対します

2017.5.17とここんは声明を発表しました。

市民の活動を委縮させる共謀罪創設に反対します

 私たちは、共謀罪の創設に反対するとともに、問題点が十分に審議されないまま国会審議を打ち切り採決を行うことに強く反対します。
    
2017年5月17日
            平和と革新の日本を目指す所沢懇談会(所沢革新懇)

 

 

 

 

 

祝 日本国憲法施行70周年

 

5月3日憲法記念日。

 

所沢駅東口でリレートークをはじめ、ビラ渡し、署名、歌声でのアピールなど多彩な宣伝行動を行いました。参加者60人近く、主催は「守ろう憲法・オール所沢」連絡会と「所沢革新懇」。杉浦さんが司会、革新懇事務局長の小林善亮弁護士、塩川てつや衆議院議員、小野塚勝俊さん(民進党埼玉8区予定候補)、辻もとみさん(共産党8区予定候補・埼玉西南地区委員長)、平和委員会の大山さん、新日本婦人の会の鈴木さん、救援会の畑中さんがマイクを握りました。新井さんのアコ、原島さんのギター演奏に合わせてコーラスグループが歌声を響かせた。共謀法反対署名27筆、カンパ1,000円。なお、中央会場へは所沢からは40人近くが参加したとの報告がありました。以上、安東さんの投稿から。

 

会員の浅川さんの怒りの横断幕

2016.9.11所沢革新懇の総会特別講演 塩川てつやさん

9月11日(日)午後1時30分から所沢地区労会館で所沢革新懇(とここん)の総会が開催された。参加者39人。記念講演は「参議院選挙後の情勢と私たちの課題」と題して日本共産党衆議院議員の塩川てつやさん。戦争法の具体化として、航空自衛隊入間基地、所沢市の防衛医大の戦争準備の状況が詳細・具体的な資料によって明らかにされた。今...後の取組としては、参院選で野党共闘の成果に学び、個別課題でも、地域でも一点共闘を旺盛に進めることが、政治革新への道につながる。大いに一点共闘を推し進めようと情熱を込めて呼びかけた。

憲法改悪に反対し、立憲主義に基づいた政策の実現を求める決議  2016年度所沢革新懇総会決議 2016.9.11

  今、わたしたちの国は立憲主義の危機に直面しています。 

 そもそも憲法は、個人の尊厳をはじめとする、国民の様々な人権を保障しています。そして、その人権を守るため、国家権力は憲法の範囲内でしか権限の行使が許されません(立憲主義)。内閣には、憲法を尊重し擁護する義務が課されています(憲法99条)が、これも立憲主義の現れです。 

 この立憲主義は、国家権力によって国民の人権が侵害されてきた人類の歴史の反省の上に立っており、世界の民主主義国家の常識というべき理念です。 

 ところが、この間のアベ政権は、憲法による制限を顧みることなく、私たちの人権や立憲主義をないがしろにする政策を推し進めています。主なものだけを挙げても、①特定秘密保護法による国民の知る権利をの制限したこと、②閣議決定によって憲法9条の解釈を変更し、これまで歴代政権ですら憲法違反と述べていた集団的自衛権を容認したこと、③憲法9条が禁止する、集団的自衛権行使や海外での武力行使を定めた安全保障法制の成立を強行したこと、④辺野古新基地の建設を強権的に推し進め、個人の尊厳や地方自治の理念を踏みにじっていること、⑤政府への批判を「偏向」と中傷し、マスコミや教育現場への介入を強め、自由な言論や子どもの学習権を抑圧する等、枚挙にいとまがありません。さらに、安倍内閣は緊急事態条項を加える憲法改悪を行い、内閣の判断で人権制限が可能にする仕組みを導入しようと企図していると報道されています。

 

 立憲主義がないがしろにされてしまえば、私たちの人権は時の内閣によって自由に制限されてしまうことになりかねません。残念ながら、私たちは今、民主主義国家にあるまじき、きわめて危険な内閣を成立させてしまっています。

 

 しかし、この内閣に対し、「アベ政治を許さない」という言葉が国民の合言葉になり、先の参議院選挙では市民が主導して立憲主義の回復を目指した野党の共同が実現するなど、憲法を再び国民の手に取り戻すための取り組みも大きな成果を上げています。

 

 私たち所沢革新懇は、憲法改悪に反対するとともに、市民との共同を広げ、立憲主義に基づいた政治を実現するために今後も力を尽くすことを表明します。

                2016年9月11日

平和と革新の日本をめざす所沢懇談会(所沢革新懇)                    2016年度総会決議 



新着ニュース♥News!新着ニュース♥News!新着ニュース♥ News!新着ニュース♥      


私たちは「平和と革新の日本をめざす所沢懇談会」です (^_^)/

右上の写真は設立当時のもの。所沢駅頭宣伝を終えて

略称「とここん」 です

平和と政治の革新をめざして1984年に誕生し 今年で32年になります。

たくさんの手と手を結んで私たちの願いを実現していきましょう

この国の主人公はひとりひとりの私たちです

とここん念願のホームページが出来ました!!! \(^o^)/

とここんの活動をPRしたり、他団体の行事などもお知らせしていきたいと考えています。どうぞご覧下さい。

「こんなこともしているよ」 あなたからの小さな情報をお待ちしています!

2014年4月25日

フェイスブック開設 !(^^)!

フェイスブック始めました!

ぜひ「お友達」になってください。

↓を クリック

所沢革新懇Facebook

ブログも更新中こちらも見てね (*^_^*)

 


とここん会員のみなさんへ          あなたのVOICE!をお寄せください

あなたの声をお寄せください。表現方法は、エッセイ、レポート、論文、写真、イラスト、画像等形式は問いません。とここん会員限定です。詳しくは→ VOICE! 

 


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
平和と革新の日本をめざす所沢懇談会/埼玉県所沢市北秋津725-4ぱらどーる1階小林和恵法律事務所内/TEL04-2998-5121/FAX04-2998-5120/ tokokon@hotmail.co.jp